調剤の流れ

受付からお渡しまで

安全かつ迅速な調剤を実現し、適切な情報とお薬を患者様にお渡しします。

STEP

受付

医療機関で発行された処方せんをお渡しください。

初めて来局された方には、個人情報の収集に関する同意を得た上で「体質」や「副作用」などに関する問診票にご記入いただきます。
問診票の情報は、お薬を安全に服用していただくために活用します。

STEP

処方せんの確認

処方せんに必要な事項が記載されているか、不明な点がないかなどを確認します。

処方内容と薬歴や問診票を見て、用法・用量や飲み合わせのチェックを行い、必要があれば、処方せんを発行した医師に疑義照会を行います。

処方された内容によっては、経済性に優れたジェネリック医薬品への変更が可能です。

疑義照会:薬剤師が処方せんの内容について、処方医に問い合わせること

STEP

調剤

処方せんに従い、薬剤師が正確かつ迅速に調剤を行います。

1回に数種類のお薬を服用される患者様の場合、飲み忘れや飲み間違いを防ぐために、医師の指示に基づいて1回分ずつ分包します。

STEP

調剤したお薬の確認

患者様にお渡しするお薬に間違いがないか、確認します。

患者様に安心してお薬を服用していただけるよう、調剤した薬剤師とは別の薬剤師が鑑査を行い、調剤過誤の防止に努めています。

STEP

服薬指導・会計

患者様の症状をお聞きしながら、お薬の飲み方、薬の効果や注意事項などを説明します。

お薬に間違いがないか、再度患者様と一緒に確認し、最後に会計をします。

STEP

薬歴に記録

処方せんや調剤録、薬剤服用歴などを整理し、患者様の新しい情報として記録します。

これらの内容は、次回以降の服薬指導やアドバイスなどに役立てます。

お問合せ