ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品(後発医薬品)をご存知ですか?

厚生労働省が「先発医薬品と同等」と認めた、家計にやさしいお薬です。

お薬の種類
ジェネリック医薬品とは何ですか?

病院や薬局で処方されるお薬には、「先発医薬品」と「後発医薬品」の二種類があります。

先発医薬品は、最初に発売されたお薬で、新薬とも呼ばれています。
後発医薬品は、先発医薬品の再審査期間や特許期間(20から25年間)終了後に発売されるもので、同じ成分、同じ効き目の薬で、ジェネリック 医薬品とも呼ばれています。

ジェネリック医薬品は安心なのですか?

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同様に様々な基準を守って製造されています。
ジェネリック医薬品の品質・有効性・安全性については、厚生労働省で審査されています。

服用にあたってご心配なことがあれば、医師や薬剤師にご相談ください。

ジェネリック医薬品はなぜ安いのですか?

ジェネリック医薬品は研究開発費が少なくてすむため、値段が安いことが特徴です。

ジェネリック医薬品にはどんなものがありますか?

高血圧、糖尿病、高脂血症の治療薬や抗生物質、抗がん剤、抗アレルギー剤など数多くあります。
しかし、お薬の種類によってはジェネリック医薬品がない場合もあります。

ジェネリック医薬品はどうすれば処方してもらえますか?
処方せん

ジェネリック医薬品の使用促進を図るため、厚生労働省では平成20年4月から処方せんの様式を変更し、処方せんに記載された個々のお薬についてジェネリック医薬品への変更の可否を明示できるようになりました。
処方せんの変更不可欄にチェックのないお薬は、ジェネリック医薬品への変更が可能です。

処方せんの変更不可欄にチェックがあり、保険医署名欄に医師の署名(又は記名・押印)がある場合、お薬をジェネリック医薬品に変更することはできません。

処方せんを薬局に持って行った後は、どうすればいいですか?

薬剤師にジェネリック医薬品を希望する旨を伝え、先発医薬品とジェネリック医薬品について、それぞれの特徴や価格などの説明をうけましょう。そのうえで、自分に合ったお薬を選択してください。
ただし、ジェネリック医薬品がないお薬があったり、医師の治療方針でジェネリック医薬品を使わない場合もありますので、ご留意ください。

お問合せ